スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『キトキト!』 

1週間以上前に見たのに、
すっかり映画メモわすれてた。

『キトキト!』(音出るよ)

富山県民とか抜きにしても
こういうくだらない映画は大好き。

 
 
 
こういう映画では必ず言われる、
方言の本物らしさ。

この映画に関しては、まずまずだったと思う。
そりゃ役者さんはネイティブじゃないんだし、
それにこれ以上本物っぽくなると
本当に富山県民にしか意味のわからない映画になっちゃうよ。
そういう意味では絶妙なところ押さえてたと思うよ。

しっかり高岡的な富山弁で表現していたところには
ちょっと感心した。


作品自体も、傑作とは言わないまでも
それなりにいい出来だったと思う。

普通に面白かった。


ひとつふたつ注文をつけると、

「このハチャメチャな家族は富山の県民性を逸脱している。」
「大仏の額のあれはほくろじゃないはず。」

坊さんまであれをほくろと言っちゃうのはいかがなものか?


ま、映画のはなしだし。
 
 

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://myfavoritepeanuts.blog74.fc2.com/tb.php/96-3492d676

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。