スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

演奏会その後 

昨日は以前から話にあげていた演奏会があった。



つかれたよ...。

非常につかれたよ...。



メンタル的にしんどい時期に
神経を使う行動や作業の連続。

楽屋や通路は人であふれて
窒息しそうになるし。





過呼吸をおこしそうな
密度の高いステージの上

2曲

約15分

合奏のときの手足の震えに耐え

本番中の動悸の強襲には気づかない振りをして

僕らは

誰かに

何かを

伝えられただろうか。
 
 
 

 
 
 
1日通して人の多さと人口密度にウンザリだった。

神経が緊張しっぱなし。

耐えられない...。


全体の懇親会が終わり、
おんなじ団や一緒に演奏した人たちと
2次会に行く段になって
ようやく人が減って(それでも20人以上いたけど)
何かの糸が切れたのか
メチャクチャな飲み方をしてしまった。

家に着く頃にはもう泥酔状態...。

今日の昼過ぎまで気持ち悪かった。
 
 




ひとりごと


濃密な15分と

最低な1日


もうイヤだ...。





でも





やっぱりもうイヤだ!



それでも次の本番は決まっているワケで...。
スポンサーサイト

コメント

お疲れ!!
手が震えるほど、緊張するシーンがほとんどなくなってしまった私は、その緊張感が味わえるあなたをうらyましく思えます。
楽器が吹けるって、かっこいいよね♪

>yasuko
どうもありがとう。
まぁ、手の震えはどちらかと言うと
ストレスに起因するところが大きいんだけどね...
ただ、ステージの上の空気は確かに独特です。
毎回「もうイヤだ」と思いながらも
また続けてしまう。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://myfavoritepeanuts.blog74.fc2.com/tb.php/87-46fc96ed

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。