スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

連休日記その3~行楽の秋2~ 

11月25日(土)

お日様もまだ顔を出さない時間
少しずつ空が明るくなっていく、そんな早朝から活動開始!

 
まずは、行ってみたかった『伏見稲荷大社』

京都6


京都7


こんな風に鳥居のならんでるところは
テレビや写真でおなじみかな。

<参考写真>
京都11


<参考写真>
京都12


自分でも写真撮ったけど、
ある種の怖さがあったので掲載をひかえます...。

しかし鳥居の数にたまげた!!
これほどとは!!
(約一万基あるらしい!)

ちょっとした山歩き(1時間程度では周りきれなかった)の道
全てに石畳が敷いてあり、鳥居が建ち並んでいると想像して頂ければ。

そして、ただの観光地ではなく、
それが生活や信仰がともなっていたことに感動!
(それが本来の姿なんだけど)

白装束で祈願に登ってる方
朝の散歩やジョギングに利用している方
(といっても石畳が無かったら、山菜取りクラスの登山コース!)
文化ってすごいね。
富山にはこういう神社ってあんまりない気がする。

ここでもやっぱり深呼吸。

1時間ほどの散策で足がガクガクに。
運動不足を差し引いても、結構きつかったと思う。


そんな足に鞭打って次の目的地
再び『一澤信三郎帆布』へ!
今日はバッチリ開店30分前に到着!

!!!?

京都8



目を疑ってみても、まぎれもなく
朝8時半!開店30分前の光景!
(これに加えてお店の前に20人ほど)

恐るべしメディアの力!

しかも、開店する午前9時ごろには
さらに“僕の後ろに”この2~3倍もの行列が!

行列には目がないんです!!(『7月24日通りのクリスマス』より)
開店まで30分、さらに待つこと30分
無事ごった返す店内へ。
もう写真どころではない!

購入はひとり2点まで。
柄物は1点だけとのこと。

僕はわりと早い方だったので
10時前には買い物をすませることができた。
(購入した品物は後日UP予定)

京都9


あとからあとから来るお客さんに、スタッフの人が
「この後ろに200名ほど並んでいただいてます」
と説明してた。

いったいどれだけの人が、
純粋にここの鞄が欲しいと思って来ているんだろうと
疑いたくなってしまう。

明らかに新品の鞄が
ヤフオクで高額(高いものは倍以上)な取引の対象となっている現実。
僕はまだ手に入ったからいいけど、
純粋に鞄が欲しくて、遠くからやってきても
買えずに断念せざるを得ない人たちがいることをわかって欲しい。

京都10



それはさておき、
京都市内で一番にぎわっている(と僕が思い込んでいる)
三条と四条(東西にのびる通り)の間、
烏丸大路と鴨川(南北にはしる大通りと川)の間を
行ったり来たりしてウィンドウショッピング。
ほんとに見てるだけ。
商店街あり、百貨店あり、歩いてるだけで楽しい!
ホントに楽しい!

お昼を食べて、午後はどこに行こうかと
とりあえず郊外へ。
(単に駐車料金がきになった)
北へ向かってみると看板に『鞍馬』の文字が。


「温泉!?」


行くでしょうそりゃ!


車で1時間も走っただろうか、
とんでもないことが







「あっ!!」



ガシャン!!

ぷしゅぅ...



「やっちゃった!」









事故ったぁぁ!!!


山道でよそ見運転をしてしまった。
カーブミラーに、まっ正面から激突!
神経を使う街中をぬけ、
昨日からの疲れもあったんだと思う。
注意が散漫になっていた。

車はフロント部分が大破。
警察に連絡し、レッカーを呼んでもらい、
知り合いの整備工場のひとと電話で相談。

“現地で廃車に”との決断を下した。

家族と口論してまで手に入れたインテグラ タイプR
初期登録から9年、走行距離15万km
中古で購入してから約5年で約10万km
よく走ったといえば、そうかも知れないが
やはり愛車の最後としては可愛そうなことをしてしまった。
反省...。


なにはともあれ、
巻き添えを出さなかったことが一番だった。
物とお金ですめばそれに越したことはない!
「反省と経験」
全ては明日の自分のために。

勉強させて頂きました。


激しくいろんなことが起きたので
写真どころではなかった。
ブロガーとしてもまだまだだね。



そんなこんなで僕の京都旅行は道なかばにして
電車にて強制送還というかたちで幕となった。
本当は翌日『天の橋立』をまわって帰ろうと思っていたのだが
それはまた次の機会に。


ただ、京都は素晴らしかった。
思い出したくない災難も含めて
この日記を書いておこうと思ったのは
やはりその素晴らしさを忘れたくなかったから。



京都で見かけたポスターにこんなキャッチコピー。

『京都が日本にあってよかった』

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://myfavoritepeanuts.blog74.fc2.com/tb.php/43-49261244

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。