スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

さらに邦画2本 

最近、映画ブログになってきてるな...。

『オリヲン座からの招待状』(音出るよ)

すごく味わいのある映画だった。
娯楽が少なく映画が“写真”と言われていた時代、
映画や映画館にいかに人々の思いがこめられていたか。
そして、そんな映画を人々がどれだけ楽しみにしていたか。

物やサービス、しいてはエンターテイメントまでもが、
大量生産、大量消費される現代。
映画さえも、「DVDで観るからいいや」と、映画館への足が遠のく。
そんな時代に、のうのうと生きている事を少しだけ恥じる思いだった。

あと、上原ひろみのピアノがすごくよかった。
しっとりとしながらも軽やかなメインテーマが
映像によく馴染んで、じんわりと心に届く。
アグレッシブな演奏をする印象が強かったので
少し意外だったけど。

最後に、
原田芳雄さん、素晴らしすぎる!!



『クワイエットルームにようこそ』(音出るよ)

松尾スズキ氏、サイコー!!!
傑作!!

すごく重いテーマなのに、ぶっ飛んでる!
ぶっ飛んでるのに、すごく人間臭い。
メチャクチャやってるのに、実に内面的なリアリティがある。

深刻で過酷な状況を描いたシーンなのに
笑いのツボが絶妙だったりして思わず吹いてしまう(笑)

人間の弱さや醜さを見せつけられる部分もあるけど、
無理してそれに打ち勝とうって言うんじゃなくて、
そういう部分もひっくるめて人間なんだから、
「もっと楽になろうよ」って言ってくれてる気がする。

今年観た映画は結構ハズレが少なかったけど
そんな中にあって、話の内容も、作品のレベルも
僕の中では5本の指に入るね。

「スゴイ」の一言。



今年もあとひと月。
年内に何本観られるかな?

 

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://myfavoritepeanuts.blog74.fc2.com/tb.php/160-5bf7eaa3

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。