スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

終戦の日に 

今日8月15日は終戦の日。
僕が生まれるずっと前の出来事ではあるけれど、
やはり日本人である以上、絶対に振り返らなければいけないと思う。


日本において戦争といえば太平洋戦争のことになる。
それ以前にも戦争は数多くあったのだけれど、
やっぱり大きな節目となったことには違いないと思う。

その太平洋戦争では多くの方が亡くなり傷ついた。
そう、国籍を問わず。
民間人も。
そして今の僕よりも若い人たちもたくさん。
そんな方々に対する哀悼の気持ちはあってしかるべきだと思う。

そんな多くの犠牲を出す出来事は、
やっぱり悲劇でしかなく、
けっして肯定されるべきではないと考える。

さらに悲しいことに、今なお世界のどこかしらで
同じような悲劇が繰り返されているのが現実だけれど。



少なくとも現在、
日本は“戦争”をしていない。
(もちろん自衛隊の派遣云々という議論はあるけれど)

太平洋戦争を経て「戦争放棄」を掲げ、
上辺ではあれ、それを今日まで実践してきた国を
僕は誇りに思うべきだと考えるし、
これからもそうしていかなければいけないと思う。

さらにそれは、日本にとどまらず
世界中に広がらなければとも。

経済的に発展を遂げ
裕福になった国の国民のおごりかもしれないけれど。

現実味を帯びない理想論かもしれないけれど。

でも、理想のビジョンがなくちゃ何も始まらない。



これから世界がどう動いていくかは分からないけれど、
少しづつでも絶対的な平和へと、
武力のない世界へと
向かっていくことを願って。


“戦争が終わって僕らは生まれた
  戦争を知らずに僕らは育った”

そんな歌が世に出たのは
僕が生まれる何年も前。

僕自身、本当の意味での戦争は知らない。
でもやっぱり、繋げていかなくちゃいけないと思う。
本当の平和が訪れるまで。

僕らが死んだ後になってもいいじゃない。
しっかりと橋渡しをしてやろう。




終戦の日。
戦争について考える日。

これからは
平和について考える日にしよう。
この国にとどまることのない平和について。






それほど多くはないだろうけど、
これを読んだ人が、少し立ち止まって
今世界のどこかで起こっていることについて、それぞれに考えてみる
そんなきっかけになれば幸いです。
 
まず、それぞれに考えることが大事だと思います。
 
 
 

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://myfavoritepeanuts.blog74.fc2.com/tb.php/141-81e6156e

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。