スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ネタがない 

七夕だと言うのに、
ブログのネタがないのです。


そんな訳で、繋ぎに本の話。

結構読んでたよ。
(などというと読書家の方に叱られます...。) 
 

 
 
 

バッテリー 6 (6) バッテリー 6 (6)
あさの あつこ (2007/04)
角川書店

この商品の詳細を見る


映画化されたね。
6巻で完結なんだけど、
これ、結構好きで1巻から読んでた。



となり町戦争 となり町戦争
三崎 亜記 (2006/12)
集英社

この商品の詳細を見る


これも映画化されてた。
北陸じゃ公開されてた記憶がないけど。
(公開されてたら観てると思うし...)
内容は面白かった。
自治体が地域経済活性化のために戦争を起こすってお話。
でも、戦争反対!



Q&A Q&A
恩田 陸 (2007/04)
幻冬舎

この商品の詳細を見る


これも結構面白かった。
大型ショッピングセンターで起きた事故(事件?)について、
関係者との問答だけで話が進んでいく。
なかなか新鮮だった。



で、今はこれを再読中。

水曜の朝、午前三時 水曜の朝、午前三時
蓮見 圭一 (2005/11)
新潮社

この商品の詳細を見る


この本に限ったことではないんだけれど、
1969年代後半から1970年代前半の物語って面白い。

学生運動、ハイジャック、大阪万博、etc.
何もないところにいろんなものが形を持ち始めた時代。
暴動や犯罪を肯定するつもりは更々ないけど、
そんなエネルギーに満ち溢れた時代に、奇妙な憧れを感じてしまう。
 
 
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://myfavoritepeanuts.blog74.fc2.com/tb.php/127-73f71154

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。