スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

1年を振り返る 

今年も残すところ、今日1日となりました。
いろいろ振り返ってみようという企画!
長いので↓からどうぞ


続きを読む

スポンサーサイト

仕事納め 

年賀状やら楽団の忘年会やら出張やらで
更新が滞っていた。
ゴメンナサイ。

かといって、その分後からでも書こうという気は
さらさら無いのである。



昨日の午後から一晩で
ずいぶん雪が降った。

雪


自然の力ってすごい!
たった一晩で人間に
感動と衝撃と脅威をいっぺんに与えられる!

僕が一晩で出来る仕事なんてたかが知れてる。
しかも深夜遅くまでかかって描いた図面なんて
たいてい間違いだらけである。



本日は今年最後の出勤日。
午前中大掃除をしてきた。

今年は出張多かった。
1月3日から出張行ってたもんね。
しかも今年最後の出張は12月28日まで
まさに出張に始まり出張に終わった1年!
(そのうえ、正月工事の可能性があったから恐ろしい)

ご苦労様!自分!!


今年の年末年始は4日までしっかりお休みなわけだけど、
なんにも予定を入れていない。
いっそなんにもしないでおこうか。



いまだに雪が降ったりやんだり。

再読 

薬指の標本 薬指の標本
小川 洋子 (1997/12)
新潮社

この商品の詳細を見る


再読しました。

表題の『薬指の標本』が映画化、公開中。
(近場では金沢シネモンド)
しかも、なんとフランス映画!

この映画を観たいんだけど、
映画の前にもう一度読み返してみた。

言われてみれば、このお話、
日本というよりもヨーロッパ的な空気を感じるかもしれない。

なんか幻想的というか、不思議な雰囲気のお話。
世間とは少し離れた場所にあるような。
僕だけかもしれないけど、ホラーの要素も感じとれる。
江國香織なんかもそうだけど、
活字で空気を生み出せる作家さんて、すごいと思う。
空気感というか、世界感(世界観ではなく)というか。

ほどよく現実逃避できる1冊。

映画観たいけど、日曜から出張だし
観に行けるのは29日かな。

ライブ!! 

GO!GO!7188
『みちづれツアー』
金沢AZホール


久々にバンドサウンドの渦に巻き込まれた!

メンタルにも
フィジカルにも
心臓まで届く轟音!

自分の根っこに流れているものが
ロックであることを再認識。

このバンド大好きなんだよね。
かれこれ5年くらい聴き続けてるかな?(もっとかも)
ここまでライブに足を運ぶバンドは他に無い。
すごく波長が合うっていうか、
理屈抜きなんだよね、
このバンドに関しては。

僕にとって特別な存在。

不過足のないサウンドに
飛び跳ね
頭を振り
腕を突き上げる。

僕にとって特別な音楽。

ステキな夜だった!


   ココロ揺らすコトバ
   カラダ揺らすリズム
   ノドを震わしウタを紡ぐ

       『月と甲羅』-GO!GO!7188-
       (今回のセットリストにはなかったけど)

久々! 

今日は久々にピーナッツの写真!
貴重なおねむの写真

ピーナッツ8_06/12/18

ぐっすり!

ピーナッツ9_06/12/18

りら~っくす!



最近少し体が大きくなった気がする。
まだ標準的だけど
太らないように見張っていなくては!

山中千尋 

今日はお姉ちゃんと音楽鑑賞!

山中千尋 NEW YORK TRIO
『LACH DOCH MAL(ラッハ ドッホ マール)』


すごかった!!
興奮した!!
いまだに心拍数高め!!
音楽鑑賞なんて悠長なこと言ってられない!


席は前から3列目真正面だった。
でも、逆に近すぎたかな。
ステージの高さの分、音が正面からこなかった。


そんなことはどうでも良くて


とにかくすごかった!!
構成はピアノトリオなんだけど、
3人とも、ものすごいテクニック!
「プロになりたい!」って言う高校生が聴くと
へコむと思う。

年齢が若いせいもあってか
もう全編飛ばしまくり。
とにかくアグレッシブ!!
とにかくハイテンション!!
正直言って怖いくらいだった。

ツアーが残っているので詳しくは書かないけど
アンコールにちょっとしたおまけもあったし。
(ネタだと困るからね)

いやぁ、素敵な(そしてハイな)ひと時。
おなかいっぱい。

ファンになりそう。
って言うか恋しそう。


何書いてるかわかんない。
ごめんなさい。

相棒 

今日新しい車を取ってきた。
結局スズキの“Kei”になった。
(写真は気が向いたらUPしよう)

お金がないので「オールコミで30」と言って出てきた車。
なんと人生初のオートマ!
僕も大人になったもんだ。


乗ってみて思ったこと

怖い!!

ハンドル、アクセル、ブレーキ
どれをとってもイメージ通りに操作できない。
ハンドル軽いのにサクサク曲がらないし。
座席が高いからやけにフラフラして感じるし。
そのくせ妙に足カタイし。
加速がイマイチなのにノッてくるとやたらとスピード出るし。

いろんな意味で“女の子”な車。

こまったな、女の子の 扱い方 可愛がり方は苦手です。

どっちかというと車の“性能”というよりも
“性質”の問題なんだけど。
今まで乗ってた車と違いすぎる!
(前の車は露骨に“男の子”だった)
慣れるまで結構かかりそうだ...。
自分の運転技術のなさを痛感。


まぁ、これも何かの縁だ、
仲良くやっていこうや。

<追記(個人的メモ)>
“前の”なんてセリフを吐いてるあたりが
女の子に認めてもらえない要因か!?

あたらしいカテゴリ 

せっかく本を読んでるんで作ってみた。

といっても映画同様、詳しい感想文つもりなどなく。
書評などと大それたことを言うつもりなど恐れ多く。
「今、こんなの読んでます」とか
「こんなの読み終えました」とか、その程度。
しかも小説ばっかり!
(実用書は読みきったためしがない)

好きな作家は
江國香織
恩田陸
ときどき東野圭吾
最近ちょっと横山秀夫
(ん~ミーハー、ちゅうか女性みたいな選び方)

内容や設定云々よりも
文章の表現が面白い人の本が好き。
基本的には文庫しか買わない人間。
いつも持ち歩くため、かさばるのが嫌なので
新刊には“あえて”手を出さない。
(本当は読んでみたいのもいっぱいあるけど)

こんな僕にオススメの1冊があったら教えてください。

ちなみに今、コレ読んでます。

99%の誘拐 99%の誘拐
岡嶋 二人 (2004/06)
講談社

この商品の詳細を見る

初体験! 

 
( ̄▽ ̄)


エヘッ!

続きを読む

現役引退 

先日の記事に書いた新しい鞄を
通勤用に使い始めた。

それと同時に、これまで使っていた鞄は
現役を退くことになった。

かばん4


学生から社会人になる時に手に入れて
かれこれ7年近く。
毎日のように持ち歩いた
とっても愛着のある手提げ鞄。

かばん6


穴があいても
糸がほつれても
ピーナッツにかじられても
使い続けた小さなトートバッグ。

かばん5


お疲れさまでした。
一度きれいに洗濯して
また時々使ってあげよう。

忘れてた 

京都伏見稲荷の山の上からとった写真
忘れていたので載せます。

京都17


京都18


結構高いところまで登るでしょ。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。