スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お礼参り? 

立山に登ってきた。

'09立山28

先月登った時
雄山神社の社務所のひとに非常にお世話になったので
どうしても一度お礼をしに行きたかった。

この日のコースは
8時ころ室堂を出発
浄土山、雄山、大汝山、富士の折立、真砂岳、内蔵助山荘でしばらく休憩。
ボッカ道を通って室堂。
最後に、玉殿岩屋を見てきた。


社務所へのお礼にと思って持参した
ビール(350ml×6)が結構重かった...(汗)

 

スポンサーサイト

'09 山小屋生活~3日目~ 

はい、3日目。
この日も、朝4時半には人の足音で目が覚めました。


この日の朝日は
雲の切れ間から。

'09立山18


前日の心配をよそに、この日も晴天!
朝の仕事をこなし、10時過ぎから下山。
僕と友達は別行動をとり、別山を目指します。

'09立山19

本当に天気がよく、見晴らしがきく!

'09立山20


別山山頂。

'09立山21


そしてついに剱岳を目の当たりにしました!!

'09立山22

もう、なんて言うか
“格”が違います!

来年、剱岳に登ろうという思いを新たにしました!



剱岳を目に焼き付けたのち、剱御前小屋を回り
雷鳥平を目指して雷鳥坂を下ります。

'09立山23


雷鳥平到着!

'09立山24

沢の水が冷たい!


そして地獄谷をまわって

'09立山25



室堂到着!


...と、思いきや、


最後の最後にそれこそ地獄のような登り階段が待っていました。

ここは、黄泉比良坂か...!?



登った先にみくりが池

'09立山26


今度こそ室堂平到着。
再び立山を仰ぎ見る。

'09立山27


今年のお盆は本当に天候に恵まれた楽しい登山でした!
雷鳥も見れたし。

また今シーズン、泊まりは無理かもしれないけど
時間を作って山登りしようと思います。



下山中の雑談:

友人「小屋から別山まわって室堂までなら、普通の人なら4時間って説明するよ。」
僕「いや、ていうか僕、普通の人なんですけど。」
友人「どこが普通なんよ。何人追い抜いてきたと思っとるがんよ。」
僕「...。」


そんなこんなの、約3時間でした(笑)

 

'09 山小屋生活~2日目~ 

さて山小屋生活2日目。

朝4時に目が覚める。
いつもの僕なら起きていても、
ともすれば飲んでいてもおかしくない時間...(汗)

すでにトタトタと人の足音がいっぱい聞こえます。
宿泊客も従業員も朝の活動を始める傍ら、日の出を待ちます。

'09立山11


御来光です!
鹿島槍ヶ岳の肩から実に見事な御来光を拝めました!

'09立山12

宿泊客の朝食の準備、片付け、お見送りを済ませて
ようやく自分たちの朝食です。
(といっても時刻はまだ8時前)

今日も天気は良さそうってことで、
屋根で布団を干します。
そして大工さんは昨日の作業の続き。
その他、小屋の仕事をこなし、あっという間にお昼。


お昼頃から、雲が上がってきました。

'09立山13


お昼を回ると、休憩のお客さん、宿泊のお客さんが次々とこられる。
取り込んだ布団をたたみながらその対応。

そんな合間、
小屋の近くに雷鳥が一羽姿を見せてくれました。

'09立山14


雷鳥は曇った日の方が遭遇する確率が高いのです。



この日もなんとか夕日が拝めそうなので
カメラ片手に日が落ちてくるのを待ちます。

'09立山15

まるで山水画の世界!

空には雲があったけど、
夕陽の光が雲に返ってこれはこれで見ごたえのある夕焼けでした。

'09立山16

'09立山17

この日、お客さんの数は少なかったものの、
小屋にきて仲良くなられたグループがあるらしく、
夕食後も楽しく話に花を咲かせておられました。
決して「片付かない!」などと台所で愚痴ってなんていないですよ。
決して!(笑)


夜になって外に出て見ると、ポツポツと雨粒らしきものが...。
明日の下山は大丈夫か?


3日目につづく。

 

'09 山小屋生活~1日目~ 

お盆休みを利用して
立山の内蔵助山荘(くらのすけさんそう)に行ってきた。


まず1日目。

朝4時起き。
5時に自宅出発。

眠すぎ...。

昨日バーベキューにおよばれして若干二日酔いなのに...。
(ちゃんと睡眠時間はとってますよ)


7時過ぎにはもう室堂到着。

'09立山3

下では曇り空だったけど、
ここまでくると雲の上。
快晴です!!

去年から数えて3度目の正直。
ようやく晴れました。
というか
ようやく視界があります!!

'09立山4


ボッカ道という関係者用の登山道をr利用して、
直接小屋に向かいます。

途中、雷鳥にも遭遇し、

'09立山5

遠くに白山(たぶん)も見えた。

'09立山6



10時頃山小屋到着。
一息ついて早速山小屋のお手伝い。

一緒に登ってきた僕の同級生(大工さん)は
「小屋の床を直してほしい」との命を受けていたので、
さっそく作業開始。

'09立山7

僕も廃材を運んだりとお手伝い。

といってもたいして役にはたっていないか。



余談だけど、この日剱岳で死亡事故があったらしく
小屋の無線で、その捜索や収容の様子がリアルタイムで入ってきてた。
山はやっぱり怖いね...。
(北方稜線でのクライマーの転落事故だったみたい。一人死亡、一人重傷)



昼からは宿泊客を迎える準備。

夕方になって
朝から飛ぶとか飛ばないとか言っていた輸送のヘリが
ようやく飛んでくるとのこと。

やってきました。

'09立山8

ちょっと離れたところで見学。
ちなみにこのヘリ、
二日前から天候不良のためフライトが先送りになっていたようで
キャベツと卵が切れてしまったので
剱御前小舎からそれらを借りてきてしのいでたらしい(笑)


夕食のしたくの合間を縫って、
夕日を写真におさえめる。

富山平野、富山湾まで望めた。

'09立山8

そして雲海も素晴らしい眺望!

'09立山9

晴れてよかったよ~!


ちなみにこの日の夜は
満天の星空!!
天の川が、ブワ~って感じに広がっていて
本当にきれいだった。

後立山連峰の向こう側に長野県の明かり(佐久のあたりらしい)まで見えたからびっくり!


こうして山小屋の夜はふけていくのでした。



2日目につづく。

 

'09年 初登山 

どうもウズウズと落ち着かないので、
立山に登ってきた。

本当は山小屋で一泊の予定だったんだけど
翌日の天候が思わしくなく(雷の恐れも...)
そんな中ひとりで下山しなくてはいけないとのことなので、
宿泊は断念。

日帰りで雄山山頂往復に予定変更。


それにしても

強風と大雨...
視界がほとんどない...

'09立山1

一の越から稜線を登ることになるので、
さらに雨風が強くなる!
時折、足を踏み出せないほどの強風も...。

普通の1.5倍、
いや2倍くらい体力を消耗しつつ、
ようやく、山頂。

'09立山2

峰本社もかすむ...。


一緒に登ってきた2人(同級生の弟と、その友達)は
この日から山頂の社務所でバイトとのことなので、下山は僕一人。

まぁ、雄山から室堂なら油断せず、ゆっくり歩けば何とかなります。



結局、去年の登山に引き続き、散々な天候(涙)
今年は、これにめげず、何度か登ろう!!

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。